« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

042:至(天鈿女聖)

あの恋も終わってしまうことになり播但道に至った次第

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041:さっぱり(天鈿女聖)

笑う、泣く、怒るタイミングのことはさっぱりわからなくてもいいや

| | コメント (0) | トラックバック (0)

040:伝(天鈿女聖)

伝達のスピード遅くなるつれ周りが敵に見えてしまった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039:庭(天鈿女聖)

あの人がケータイ打たなくなる前に『庭訓往来』読んでしまおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038:抱(天鈿女聖)

ムスタングギターを抱いて眠る夜 忘れられない夢を見ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

037:ポーズ(天鈿女聖)

バビンスキー反射のポーズ つまりそう世界はそういうことでおさまる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

036:暑(天鈿女聖)

今、君と会ったら言うこと決まってる 「暑い、暑い」か「寒い、寒い」だ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

035:罪(天鈿女聖)

「何罪に問われるでしょう?」「今、それを聞くんだったら下見ないでよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【緊急歌会開催】東北関東太平洋沖地震で被害を受けた方を短歌で励ましましょう!!

3月11日午後、東北の太平洋沿岸でマグニチュード8.8という国内の観測史上最大の地震がありました。
私がいた大阪も30秒ほどの揺れを感じました。
また、山形にある私の実家では(16時時点)余震が続き停電が起こったとメールがありました。
さらに、日本中だけでなく、世界中もこの災害を心配しています。
そこで、私ができることとして、短歌を詠もうと思います。
短歌の付け句を使って、励ましの短歌を詠みましょう。
ルールは下記のとおりです。
開催日程:3月11日~18日(予定)
歌会投稿場所:このブログのコメント欄
お題:付け句で下の句に
①「全員無事でありますように」
②「絶対、復活してやるからね」
のどちらかを付けて詠んでください。
注意事項
1人何コメントしても何首詠んでもかまいません。
地震に合われた方に対する励ましの短歌を詠んでください。
何かございましたら左のメニューバーにありますゲストブックでお聞きください。
一人でも多くの人の支えになりますよう、皆様のご協力よろしくお願いします。
また、お知り合いの方にもお声をかけていただければと思います。
<被災された方々へ>
一刻も早く揺れがおさまることを願っています。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

034:掃(天鈿女聖)

「掃除部は何する部活なんだろう?」「掃部(かもん)は軽い集まりじゃない」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

033:奇跡(天鈿女聖)

先生の右手は奇跡 注射時の痛みは全然感じなかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032:町(天鈿女聖)

今ここで訃報のお知らせ 本町が10秒止まれと叫んでみます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

031:電(天鈿女聖)

電話でもなくていいこと言われてる 蜂蜜味のあめ玉なめる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030:遅(天鈿女聖)

遅ればせながらでそれが言えるなら私は泣いたりなんかしてない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

029:公式(天鈿女聖)

この熱の上がり具合の公式はジュールの法則で解けないのかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

028:説(天鈿女聖)

説明がめんどくさくもなってくる スウェット似合うあたりなんかが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027:水(天鈿女聖)

水樹奈々からのプリキュア歌われて境界線がなくなる地獄

| | コメント (0) | トラックバック (0)

026:震(天鈿女聖)

会いたくて震えて泣いてもお前にはピンクのゴスロリ服は合わない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »