« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

猫丘ひこ乃さんのお歌

夜はぷちぷちケータイ短歌でご活躍されています猫丘ひこ乃さんが題詠ブログ2011を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2011に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

004:まさか
まさかりを振り上げし蟹江敬三の殺人鬼役トラウマとなる

013:故☆
故郷へと向かう列車で恵方巻南南東がずれてゆきます

026:震
煮凝りの震えの中にひとつだけ琥珀色した秘密閉じ込む

048:束
忘れない白装束で自転車を漕ぐおじさんとカゴの法螺貝

072:汚
聞き逃す君の話のいいところ爪に詰まった汚れのせいで

089:成
あさってに成ればわかるよ気の早い君と見ている夕日は四角

096:取
刈り取ったドクダミの香は満ち満ちてラジオ体操第二はじまる


猫丘さんはケータイ短歌に送られている歌と題詠blogで出されているお歌は雰囲気が全然違います。

私は歌風を返て詠むことができないので猫丘さんの歌でお勉強させていただきます。

今度、仙台に行ったときはぜひお会いしたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »