« 猫丘ひこ乃さんのお歌 | トップページ | 晴流奏さんのお歌 »

飯田彩乃さんのお歌

Twitterでお世話になっています飯田彩乃さんが題詠ブログ2011を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2011に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

010:駆 
蹄鉄がなくて駆け出せないでいる机の背中を叩いた がたん

022:でたらめ 
でたらめの手を引いてくる台風の目が誰よりも優しくて困る

047:態 
例文のすべてを受動態にしてわたしの明日の予習は終わり

054:丼 
ふと見ればお茶碗程度の憎しみが丼ほどに膨れていたり

071:謡 ☆
過去未来内外上下左右より童謡ひびきくる部屋にいる

080:結婚 
結婚はしないつもりのない男(ひと)といて今ひとたびのパピコ分け合う

097:毎 
いつの日か衛星軌道に乗るための毎秒五百メートルの恋

飯田さんは言葉の切り返し方が巧みです。

「そこでその言葉を持ってきてそんな表現をするのか!」というジ○ン・カビラの実況がマッチする巧みさです。

私にもその巧みさを分けてください。

|

« 猫丘ひこ乃さんのお歌 | トップページ | 晴流奏さんのお歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1228195/41561771

この記事へのトラックバック一覧です: 飯田彩乃さんのお歌:

« 猫丘ひこ乃さんのお歌 | トップページ | 晴流奏さんのお歌 »