« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

紗都子さんのお歌

Twitter等でお世話になっています紗都子が題詠ブログ2011を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2011に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

002:幸☆
泥はねのブーツにもある幸せを冬の舗道にさらさら零す

005:姿
だれにでも揺るがぬ軸があるというヨガの講師の姿勢うつくし

011:ゲーム
シューティングゲームのように照準をさだめて冬の駅に降り立つ

026:震
震源を遠くはなれた土地にいて春のこころはなお揺れやまず

036:暑
きみからの暑中見舞いはもう来ない金魚鉢には空気がよどむ

049:方法
いくつもの方法がある選ぶまで未来は扇のかたちにひらく

065:羽
羽のない君のとなりに羽のない僕が寄り添う無機質な夜

紗都子さんは言葉のタッチが繊細です。

「撫でやる」「まどろむ」の言葉がしっくりくる短歌が多いです。

今度はぜひ、NHK短歌でご一緒したいです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょろ玉さんのお歌

夜はぷちぷちケータイ短歌等でお世話になっていますちょろ玉が題詠ブログ2011を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2011に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

010:駆
長すぎる駆け引きのせい ふたりとも「好き」からどんどん離れていった

026:震
失恋で心にヒビが入るとは耐震工事がなってなかった

032:町
あやのなら隣町まで行きましたむかしの傷を引きずったまま

039:庭
校庭に散った桜を焼く人になろうと決めた春だったのだ

048:束
花束の似合う女性が好きですと答えた後に「ちがう」と思う

067:励
右肩をポンと叩けばそれだけで君を励ます音が生まれる

094:裂☆
順、風、満、パンッ、と破裂した音でうまれた波をさがしています

ちょろ玉さんは切ない恋愛ものが多く、その切なさが伝わってきます。

あやのちゃん短歌はその代表と言っても過言ではないですね!

今度、カツ丼用意するのであやのちゃんについて聞かせてくださいね!(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

牛隆佑さんのお歌

Twitterでお世話になっています牛隆佑が題詠ブログ2011を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2011に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

021:洗☆
あなたかと間違えたほど飛んでゆく洗濯物を見送るばかり

031:電
僕だって電車に乗ればどこへでも行けるよこれは春の歌です

047:態
あいわずぼーんゆーわーぼーんイキモノは受動態にて生まれ来るもの

068:コットン
ああそれはコットンの風 君のいない世界に君が融けだしている

081:配
それぞれの人に自由は配られてどう使うかを迫られている

085:フルーツ
絞り器にグレープフルーツ押し当てる果肉潰れる潰れる潰す

097:毎
でも僕が死んでも君の毎日が続いていくと思えば あああ

牛さんはお仕事柄、短歌のお勉強をされているため、いろんな表現を詠んでらっしゃいます。

表現方法などを勉強させていただきます。

また、ご一緒に歌会(?)をしたいですね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »