« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月

猫丘ひこ乃さんのお歌

いつもお世話になっております猫丘ひこ乃さんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

004:果
結果から話してくれよ(いつもそう)君の話は数秒でいい

017:従
落ちていた軍手が指さす方向に従ってゆく星屑のまち

018:希
悲しいよ希釈し過ぎたカルピスに氷を入れてしまったように

036:右
右胸がいいねと褒めてみたってさ君はブロンズ像の裸婦だし

037:牙
象ならば象牙が生えているところほうれい線に触れつつ想う

047:ふるさと
ふるさとを出ずに役場の着ぐるみの中に入って見えるふるさと

086:片☆
片栗粉みたいな感触踏みしめてゆく雪道でめぐらす理想


早めに山形に帰れるように予定たてます。

そのときはよろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御子柴楓子さんのお歌

いつもお世話になっております御子柴楓子さんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

005:点☆
ただいま 部屋に点けた明かりはシリウスLEDの冷えたぬくもり

031:大人
真空で圧死しない程度には大人になれてよかったと思う

032:詰
愛情をぎゅぎゅっと箱に詰めましたこれはおそらく大きいつづら

057:紐
腰紐の新調にすら気づくきみぱんつはもっと油断できない

076:桃
白桃のうぶ毛にふれるやさしさをもっとだれかにあげていたなら

082:苔
かみさまが世界とかいう苔玉をにぎりつぶせばぼくは自由だ

087:チャンス
こぼれない涙をすくうたびいつもだれかを殴るチャンスを失くす


御子柴さんは心の奥の言葉を短歌にしているように思います!

次、お会いしたときはもっとお話したいですー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年9月 »