« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

田中ましろさんのお歌

いつもお世話になっております田中ましろさんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

011:揃
ルービックキューブ揃えてしまったら世界が終りそうな夕焼け

015:図書
カーテンをくぐってやわらかくなった風 図書館が深海のよう

024:玩
とめどなく鳩のマークを描いていく玩具に飽きた夜のあなたは

036:右
冬にしてはぬるい日差しを右肩に受けて芽吹いてしまうのだろう

041:喫
かなしみの湧きだす場所か喫茶店いちばん奥の席に座れば

087:チャンス
むずかしいことは言わないようにしてチャンスと言えば目を輝かす

088:訂☆
花畑みたいだねって画用紙のひとつひとつが訂正のあと


田中ましろさんには来年の歌会たかまがはら1月号にゲストで登場していただきます!

ましろさん、や・・・優しくしてね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本左足さんのお歌

いつもお世話になっております山本左足さんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

005:点
0点の答案用紙を隠そうとして掘り当てる地底王国

026:シャワー
右腕がシャワーヘッドに変化して血の雨ばかり浴びる日常

043:輝
青春はガラスの欠片キラキラと輝くだけの燃えないゴミだ

066:息
溜め息というには溜めが足りてないもっと溜めなきゃもっとだもっと

080:たわむれ
たわむれに君の名前を呼んでみた思ったよりは平気であった

089:喪
制服は喪服と同じ色 いつも自分自身を弔っていた

091:締☆
何が飛び込んできたって抱き締めるつもりで突っ立ってる高架下


山本左足さんは同じ東北出身なのでいつかお会いしたいです!

今度、東北出身者で歌会したいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飯田和馬さんのお歌

いつもお世話になっております飯田和馬さんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

003:散
その家の子が会釈して出て行った散髪される鏡の僕に

011:揃
訪れた孤独に僕は注意した。へへっと奴は靴を揃えた

040:勉強
勉強をするぞと口に出してみて早速えらくなった気の夜

053:渋☆
渋柿も渋味手放すころとなり夏の喧嘩はもう懐かしい

054:武
武富士はまた踊りだしぼくもまたちりめんじゃこでご飯をすます

056:晩
コンビニを出れば晩秋ヤンキーも作り笑いで語らっている

076:桃
「おいしない桃やったな」と桃に言うわけでもないし俺にでもない


飯田和馬さんには今年、歌会たかまがはらでゲスト出演していただきありがとうございます。

次にゲスト出演なされるときは神戸から生配信でいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍翔さんのお歌

いつもお世話になっております龍翔さんが題詠ブログ2012を完走されました。
お疲れ様です!

誠に勝手ではありますが、題詠ブログ2012に投稿された百首の中から七首を選びました。
☆マークを付けた歌が、一番のお気に入りの歌です。

016:力
割れちゃうよ力任せに握ったら割れちゃうよ って今言ったのに

022:突然
丁寧にカウントダウンしなくてもいいから突然訪れてくれ

025:触
触れ方で君だと分かる程度には私も大人になってしまった

045:罰
罰ゲームをさせられている 私がこの世に生まれ落ちたことへの

047:ふるさと☆
住む気にはとてもなれないこの街もきっと誰かのふるさとだろう

053:渋
渋皮を何枚も剥ぐ 本当の貴方は何処に居るのでしょうか

062:軸
軸足はボールを蹴るときは左であなたを踏み付けるときは右


龍翔さんにはいつもお世話になってましてお世話になってましてお世話になってます。

今度体育館裏ではお手柔らかにお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »