« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

015:吐(天鈿女聖)

最強の看板娘となるために第一話から吐いてみました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014:更(天鈿女聖)

更新のされた世界で溶けきったバナナのことを考えている

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013:極(天鈿女聖)

極楽を一緒に見たいお兄ちゃんなんか全然好きじゃないしさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012:わずか(天鈿女聖)

わずかって思っていればよかったよ 花屋の君に選ばれぬ花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:習(天鈿女聖)

習うより慣れればもっと学活で発言をする挙手ができそう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010:賞(天鈿女聖)

賞賛をたくさん浴びたあとにするシャンパンファイトのような綺羅星

| | コメント (0) | トラックバック (0)

009:テーブル(天鈿女聖)

悪魔でも執事の仕事があるようにテーブルクロスにシミ一つない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008:瞬(天鈿女聖)

札をとる瞬間色がつきはじめちはやは真っ赤に染まっていった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007:別(天鈿女聖)

ヒーローは別段何もしていない 平和を守れりゃそれでいいのさ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006:券(天鈿女聖)

片道の乗車券だけ調べてる 5センチメートル君に近づく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005:叫(天鈿女聖)

「もういいかい」叫んでみたけどめんまとはさよならだって気づきたくない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

004:やがて(天鈿女聖)

やがてくる平和な時の終わりまで俺の小姓で生き延びるんだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

003:各(天鈿女聖)

各々がそれぞれ仕事をしたために何事もないワグナリアです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002:甘(天鈿女聖)

食べられるくらいに甘くパンティとストッキングを脱ぎ捨てていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

001:新(天鈿女聖)

新しいクロウカードと友達になれますように両手で触れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »