« 2014年1月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年2月

完走報告(天野うずめ)

自分の中で2月中の完走を目指していたので、達成できて嬉しいです。

最後のほうは無理やり詠みましたが。。。

五十嵐様、今年もありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

100:最後(天野うずめ)

大切にしてるあなたの耳元で最後に射精する場所を聞く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099:観(天野うずめ)

価値観の違いを武器に駄菓子屋で駄菓子屋全部を大人買いする

| | コメント (1) | トラックバック (0)

098:吉(天野うずめ)

末吉がでなかったので梨汁を当たり障りがないほど搾る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

097:陽(天野うずめ)

ああ、これは高垣彩陽の声だろう 顔にニヤニヤ貼りつけながら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

096:翻(天野うずめ)

翻訳の仕事のために語尾に「にゃん」つけてる人を探し出さなきゃ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

095:運命(天野うずめ)

運命と思うくらいがちょうどいい 僕の分だけ来ないつきだし

| | コメント (3) | トラックバック (0)

094:雇(天野うずめ)

解雇するオトモアイルー そわそわと僕の目をして離れていった

| | コメント (1) | トラックバック (0)

093:印(天野うずめ)

印象に残っていたらいいかなとゆっくり閉じるヤングガンガン

| | コメント (1) | トラックバック (0)

092:勝手(天野うずめ)

勝手口で寝ている猫に名をつける 走馬灯にも追加しておく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091:覧(天野うずめ)

回覧板受け取るときに思い出す顔と名前が一致できない

| | コメント (2) | トラックバック (0)

090:布(天野うずめ)

ゆっくりと羽毛布団を出した夜 このまま恋をしていいですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

089:煽(天野うずめ)

煽られて飲んだビールの分くらい吐いてしまったほうがいいのか

| | コメント (2) | トラックバック (0)

088:七(天野うずめ)

「龍ヶ嬢七々々の埋蔵金」を見る このまま変わらぬ日曜のまま

| | コメント (1) | トラックバック (0)

087:故意(天野うずめ)

故意だって思いたくなるからなんだ シャガルマガラが狩れないことも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086:魅(天野うずめ)

魅力ある人だと思っておりました 「ラミパス ラミパス」唱えるまでは

| | コメント (0) | トラックバック (0)

085:遥(天野うずめ)

エロ本が河原に落ちているような遥か遠くの国で生きたい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:皇(天野うずめ)

皇居っていったいどんなとこだろう?木村屋のあんぱんもぐもぐ食べる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

083:射(天野うずめ)

焼き肉のにおいをまとったままだけどもうすぐ射精してしまいそう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

082:チェック(天野うずめ)

誤字脱字チェックをしてた図書館に終わりをつげる夕日が差し込む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

081:網(天野うずめ)

網膜の奥の奥までほじくって僕の記憶をなくしてやりたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

080:議(天野うずめ)

遠くまで僕の気持ちは捨てられて不思議な気持ちになってしまえる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

079:絶対(天野うずめ)

絶対に許さないからと飛び出し坊やに向って話す

| | コメント (1) | トラックバック (0)

078:棚(天野うずめ)

年齢を重ねるごとくに美しい コルディリェーラの棚田群見る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

077:聡(天野うずめ)

聡明な君と一緒に放課後にティガレックスを狩りに行きたい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

076:ほのか(天野うずめ)

繰り返す休日出勤 女の子の髪の匂いがほのかに香る

| | コメント (1) | トラックバック (0)

075:盆(天野うずめ)

盆踊り大会聞こえる距離にいてたぶんこのまま外でするのか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

074:焼(天野うずめ)

ぽたぽた焼おいしいねって言い合ってこれから別れ話をしよう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

073:谷(天野うずめ)

谷折りの線を無視して折ったのでハシビロコウのような鶴です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

072:銘(天野うずめ)

東北の銘酒を勝手に買ってきてしまうところが好きになれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:側(天野うずめ)

側面に追突された跡がある どこでもらったものなのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070:しっとり(天野うずめ)

次はどのことで怒られるんだろう こんなにおたべがしっとりしている

| | コメント (1) | トラックバック (0)

069:排(天野うずめ)

排除する思考を選別していたら猫が嫌がるくらい抱いてた

| | コメント (1) | トラックバック (0)

068:沼(天野うずめ)

沼津港深海水族館に行く もっと私を見て欲しいのに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

067:手帳(天野うずめ)

何もかも手帳にはさんでいったのでまだ残ってる映画の半券

| | コメント (1) | トラックバック (0)

066:浸(天野うずめ)

「ご自宅は1メートルになります」と役所でもらう浸水予想図

| | コメント (0) | トラックバック (0)

065:砲(天野うずめ)

砲丸のようなおにぎり用意されおかわりまでもたくさんもられる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064:妖(天野うずめ)

妖怪の仕業で事が収まって大貧民が再開される

| | コメント (1) | トラックバック (0)

063:院(天野うずめ)

北村山公立病院行くまでに胃、腸、脳も吐き出しそうだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062:ショー(天野うずめ)

ペンギンのえさやりショーをやり終えて魚の臭いの消えない右手

| | コメント (1) | トラックバック (0)

061:倉(天野うずめ)

正倉院宝物展を見るために今日は早めに寝ようと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060:懲(天野うずめ)

懲役を与えるように二次関数グラフを解けと僕を指名する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

059:畑(天野うずめ)

土曜日は畑(はた)のしだれ桜を見に行って大切だって伝える予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

058:惨(天野うずめ)

凄惨な事件現場に出くわしてツイッターしかできないでいる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

057:県(天野うずめ)

都道府県擬人化サイトを見ていても雪は今でも降り続いてる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

056:余(天野うずめ)

現実を見る余裕まだ持てなくて君からのリプライを待ってる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

055:芸術(天野うずめ)

芸術家みたいなポーズを決めてみる 掃除してない部屋を眺めて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

054:照(天野うずめ)

LED照明に変えてからみんなずっとそわそわしてるようです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

053:藍(天野うずめ)

法隆寺伽藍配置を眺めつつ仕事の失敗ばかり忘れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

052:戒(天野うずめ)

不殺生の戒律遵守するために今宵は中にしようと思う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

051:たいせつ(天野うずめ)

たいせつなことは教えてくれるからピンクの服が似合って欲しい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

050:頻(天野うずめ)

頻繁に出入りする店だったので後で電話がかかるのだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

049:岬(天野うずめ)

佐田岬あたりに行けばいいのかな 恋とか愛とかもうわからない

| | コメント (1) | トラックバック (0)

048:センター(天野うずめ)

種子島宇宙センター見下ろしてグーグルマップ閉じて仕事へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

047:持(天野うずめ)

ウイルスを持ってしまったものだからナミブ砂漠で焼き焦がされる

| | コメント (38) | トラックバック (0)

046:賛(天野うずめ)

君ともう別れてしまった日曜の午後に読んでる『愚神礼賛』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

045:桑(天野うずめ)

桑の実のジャムで我慢をしてやるぜ 次は絶対負けないからな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

044:発(天野うずめ)

あいつの分100発グーで殴ったらクリリンの分忘れてしまう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

043:ヤフー(天野うずめ)

戦える魔法少女になるためにヤフーに会員登録をする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

042:尊(天野うずめ)

バレンタインチョコの予定がまずなくて海堂尊の小説を読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

041:一生(天野うずめ)

リオレイア狩るのに時間がかかるので一生恋が出来ないらしい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

040:跡(天野うずめ)

傷跡のつかないゴムが売ってないこのコンビニも閉店になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

039:鮭(天野うずめ)

教科書の通り応対出来なくて一人で食べる鮭弁当

| | コメント (0) | トラックバック (0)

038:華(天野うずめ)

伊勢そばの中華そばを食べたくて午前の仕事を早く始める

| | コメント (0) | トラックバック (0)

037:宴(天野うずめ)

シャンパンもシャンパンタワーもない宴会 僕が主役じゃなかったらしい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

036:ふわり(天野うずめ)

ふわりふわり綿菓子みたいな夢だからこんなに叶わないんだろうな

| | コメント (22) | トラックバック (0)

035:因(天野うずめ)

原因がわからないけどとりあえず「ごめんなさい」と頭を下げる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

034:由(天野うずめ)

抱き枕裏返さないことくらい理由を聞いていいわけがない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

033:連絡(天野うずめ)

連絡が行き届かずにモザイクがついてるやつを渡してしまう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

032:叩(天野うずめ)

叩いたらきっと成功したらだろう ミュウツー捕獲失敗しました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

031:栗(天野うずめ)

名も知らぬ親戚たちに囲まれて栗きんとんを無言で食べる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030:噴(天野うずめ)

なんばウォークの噴水前がよかったね 餃子を食べる前でもよかった

| | コメント (0) | トラックバック (0)

029:スープ(天野うずめ)

アジャンタのスープカレーを欲してる 僕の体は壊れそうだよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

028:塗(天野うずめ)

君の手がもうびしょびしょになっちゃった 塗るタイプはもう買わないでおく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027:炎(天野うずめ)

大リーグ移籍後若干右手首腱鞘炎でサインは後日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

026:応(天野うずめ)

コンビニで買ったおにぎり並べられトラブル対応深夜も続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

025:がっかり(天野うずめ)

お歳暮に椎茸どんこを送ったらやっぱりがっかりするのだろうか

| | コメント (17) | トラックバック (0)

024:維(天野うずめ)

何回も君がだめだといったって俺は姜維を使い続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

023:保(天野うずめ)

撮り溜めた「平清盛」見始めて保元の乱あたりでご飯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

022:関東(天野うずめ)

関東は雪が積もっているらしく君のメールは脱字が多い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

021:折(天野うずめ)

車折神社近くで待ってます バウムクーヘンほおばってるから

| | コメント (0) | トラックバック (0)

020:央(天野うずめ)

棄権する中央大学 十字架を背負うシーンを流し続ける

| | コメント (0) | トラックバック (0)

019:妹(天野うずめ)

マガジンを3秒以内で買いに行く 小野妹子が隋行く気分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

018:援(天野うずめ)

応援は必要だろう 誕生日ケーキのろうそく吹き消すことへの

| | コメント (3) | トラックバック (0)

017:サービス(天野うずめ)

たくさんのありがとう込め『サーバント×サービス』新刊買いに走ろう

| | コメント (1) | トラックバック (0)

016:捜(天野うずめ)

自分から捜索しようと思ったらまずはご飯をたくさん食べよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

015:艶(天野うずめ)

艶のある声の異性がタイプです。ダイオウグソクムシでも可です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

014:壇(天野うずめ)

(壇蜜の「蜜」のところが知りたくて)増税前に眼鏡を変える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

013:実(天野うずめ)

今日はもう我慢できない パイナップル実った写真見せ付けられて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

012:延(天野うずめ)

お空からポッキー降ってこないかな 運動会は雨天順延

| | コメント (0) | トラックバック (0)

011:錆(天野うずめ)

いつからかベッドの端が錆びている 体液ばかりを浴びてたせいで

| | コメント (0) | トラックバック (0)

010:倒(天野うずめ)

ああ俺はいろんなものを捨ててきた きれいにジェンガは倒れてくれる

| | コメント (1) | トラックバック (0)

009:いずれ(天野うずめ)

本当のことは話していけなくてこのコロッケもいずれは冷える

| | コメント (0) | トラックバック (0)

008:原(天野うずめ)

原液を薄めてつくったものなので僕の存在自体がずれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

007:快(天野うずめ)

快慶の作った仏像だったのでここから前に進めなくなる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

006:員(天野うずめ)

店員にそっと手渡すコンドーム 世界を回すための魔法を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

005:返事(天野うずめ)

お返事はなくていいので桐箱に入った佐藤錦ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

004:瓶(天野うずめ)

一升瓶みたいなもので殴れてお前の髪の毛掴んで倒れる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

003:育(天野うずめ)

牛乳が綺麗な円を育んで初めて買ったAVを見る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

002:飲(天野うずめ)

不安さえ飲み干せる夜 そういえばいつからモンハンしてないだろう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

001:咲(天野うずめ)

この花は綺麗に咲くよ 地面にはポチと書かれたかまぼこ板と

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年8月 »